〒997-0839 山形県鶴岡市砂田町6-37
資料請求・お問い合せ 電話 0235-29-1810・TOPへ戻る

リノベーション・リフォーム

リフォームだから安心

夏は蒸し暑く、冬は寒くてジメジメ。老朽化して不快な状態の住宅。出来るだけ利用出来る躯体を残しながら解体するための足場工事などを経て、リノベーションの準備に入ります。



リフォーム2解体工事

利用できる構造材や躯体を残して解体します。
【床の解体】従来の住宅の床下のほとんどは土のままになっています。防湿対策がなされていないため、大抵は土台がボロボロに腐り、カビの臭いが鼻をつきます。
【天井の解体】腐れのひどい断熱材をはがし、構造の状態を確認。「火打ち金物」を取付けて、揺れなどの振動に対する強度を高め、構造を補強します。
【外壁の解体】壁をはがして取り出した断熱材。壁面に発生した結露を吸収し、カビで真っ黒になっているなど、本来の断熱性能を発揮できないケースがほとんどです。



リフォーム3基礎事例 リフォーム3基礎事例

床下からの湿気を抑えるため、土間整地をした後、防湿シートを敷き、土間コンクリートを打ち込みます。床を支える束も新しいものに交換します。


リフォーム4構造補強 リフォーム4構造補強

腐食した土台や柱はすべて乾燥材に交換します。主要な構造材には、反りや曲がり、くるいが少なく引っぱり強度、圧縮強度が高い集合材を採用。外壁にはOSB合板を貼り、筋交いや柱を金物で補強します。OSB材を張ることで強度は筋交いの1.25倍になります。

リフォーム5断熱サッシ取付 リフォーム5断熱サッシ取付

住宅全体から逃げる熱の多くが、窓から逃げる熱です。窓の断熱、機密化は重要なポイント。断熱・気密性の高い断熱サッシを使ったペアガラスに変更します。


リフォーム6断熱工事 リフォーム6断熱工事

最先端の赤外線反射技術を駆使した断熱工事で冬暖かく、夏は涼しい高断熱の省エネ住宅が完成。夏涼しく冬暖かな住宅の体感は、羽黒町桜ヶ丘のムラオカコンセプトハウスで出来ます。

リフォーム7安心のサーモグラフィー リフォーム7安心のサーモグラフィー

断熱工事を終えたら、ボード貼りや内装工事に入る前に、サーモグラフィーでの断熱検査を行い、熱損失の有無を最終確認します。高額なサーモグラフィーの検査は他社ではほとんどありません。


リフォーム8内装工事 リフォーム8内装工事

新しい間取りに応じて、内装工事がスタート。十分に使える柱や梁の一部や造作部はクリーニングしてそのまま使います。エコキュート、IHクッキングヒーターなどの電化システムを導入。新築同様な室内空間が生まれます。


リフォーム9外壁下地検査 リフォーム9外壁下地検査

通気胴線を施工し、建築士による下地検査を行います。検査合格後、外壁を貼りいよいよ最終工程に入ります。


リフォーム10完成 リフォーム10完成

内装・外壁工事が完成したら、全体の検査をした上で引き渡します。住まいの状態にもよりますが、工期は通常3ヶ月程度です。


だから安心